FC2ブログ

Kindleで読むべき本、紙で読むべき本

ここでは、「Kindleで読むべき本、紙で読むべき本」 に関する記事を紹介しています。
 電子書籍が便利でKindleを買ってから5年以上経つが、色々なことが分かってきた。
 最初は本はかさばるので、ジャンルを問わず本は電子書籍にして買っていたが、問題が出てきた。それは専門書は非常に読みにくく、電子書籍には不向きという点だ。数式やプログラムなどは電子書籍だと文章と式が別々に分かれてしまい読みにくい。こういった本は、紙の本のほうが読みやすい。

 では、どういった本が電子書籍に向くのかというと、内容が軽い本が良いようだ。つまり、雑誌や小説、入門用の専門書(但し、数式が入らない読み物の要素が強いモノ)を読むのに有効だ。

 そう考えると、紙の本はみんな電子書籍に代わるというのはあり得ないような気がする。図書館なども、使う際には、やや専門的で数式などの無い古い本を借りるときに使うのがいいのかもしれない。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/170-cab78ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック