FC2ブログ

子供に老後の面倒を見てほしい貧乏親の考えについて考える

ここでは、「子供に老後の面倒を見てほしい貧乏親の考えについて考える」 に関する記事を紹介しています。
 「子供に老後の面倒を見てほしいという無年金親の異常な考え」という記事を読んで、自分の生活で精一杯でそれまで蓄えをしなかった親が悪い。子供の世話になるな。というのが一般常識としてあるが、本当にそれが正しいのか自分は考えてしまう。
 資本主義で成功した人は自分が努力して、ルサンチマンが努力もしないで吠えているだけということが許せないという心理が働いて努力できない人を軽蔑する。しかしながら「毒になる親一生苦しむ子供」には、そう簡単には変えられない先祖代々の血と教育の呪いが効いており努力できない人は必ず存在する。

 資本主義の理想は、そういう理由で努力できない人を成功した人が手を差し伸べるはず。当然自分の事情を壊してまでそういった人を助ける必要はない。しかしながら、「助ける」という考えをあっさり切り捨てるのは、考えることを放棄していないだろうか。野球の野村監督は辛い思いをして達成した喜びは、遊んだときの喜びの何倍もいいとのこと。

 自分の場合はこれに近い状態にあるが、やはり考えられるできることは、やってダメだったらごめんなさいとやっている。そのために、勉強は欠かさず実施している。

 ご参考になれば幸いです。


関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/17-165d7a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック