FC2ブログ

1日の起きている時間の2割を好きなことに捻出できるか?

ここでは、「1日の起きている時間の2割を好きなことに捻出できるか?」 に関する記事を紹介しています。
 メンタリストDaigo「好き」を「お金」に変える心理学で、「好きなこと」「得意なこと」に再投資すれば、大きな成果が期待できるとあった。
 それを考えると、会社勤めは、勤務に8時間、昼休みに1時間の合計9時間を消費する。しかも、自分の場合、疲れやすい体質のため、睡眠時間は7.5時間。つまり、16.5時間は自分のために使えない時間となる。良く昼休みに読書するとあるが、昼食を食べる時間を30分とすると、30分本を読めるというのが理屈だが、自分の場合は昼寝して午後に備えるというリズムのほうが重要なので、この30分は使えない。

 そうすると、残りの時間は7.5時間。この中から、朝食の準備と食べる時間、歯磨き、夕食の準備と食べる時間、風呂に入る時間を除くと大体6時間程度となる。これを好きなことの時間に費やすということになる。当然、電車の移動時間は読書タイムに充てる。この電車の移動時間が曲者で、自分の住んでいる所は座れるので、問題ないが、電車によっては鬼混みでそんなのできない路線がある。

 その場合、住環境も肝になる。今の好きなことはブログの分析で、雑文ブログになっているが、日々新しいことができないか模索している。ただ、夏は暑すぎてその気力が起きないのが問題だが。時々、この自分の好きな時間を趣味プラス実益を兼ねてやるのがいいという内容を見ると、息が詰まる。

 そういった意味では、「好き」を「お金」に変えるのは精神的にも肉体的にもタフな人しかできないのではないかと思ってしまう。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/169-a518aa59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック