FC2ブログ

米沢旅行記(3)

ここでは、「米沢旅行記(3)」 に関する記事を紹介しています。
 ※過去ログはこちら

米沢旅行記(1)
米沢旅行記(2)

 2日目は上杉神社と伝国の杜を回って、白布温泉へ行くというスケジュールを取った。
 ホテルをチェックアウトして上杉神社へ。前日の夜に、上杉神社の周りを一周歩いてホテルに行ったが、皇居のマラソンランナーと同じく、上杉神社ランナーがいた。(上杉神社は周りに堀があり、雰囲気は皇居に近いものがある)

 上杉神社の前には上杉鷹山の像と帝人の設立者、泰逸三の像があった。
IMG_20170815_094427.jpg
IMG_20170815_094807.jpg

 上が泰逸三、下が上杉鷹山像となっている。上杉神社を参拝したあと、稽照殿へ行った。ここは撮影NGなので文章で書くが、拝観料は400円。中には「花の慶次」で有名な直江兼続の「愛」の兜が展示されていた。それと、陣羽織は軽いらしく500グラム程度の重さだという。ちなみに、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続の鎧を見ると、自分より若干細い体系に作られている。大体BMIが20以下くらいでないとあの鎧兜は装着できない。

 そして、戦に行くときのお守りとして、マッチ箱程度の箱の中に観音像が入ったものが展示されていた。この観音像をサイズを見ると400~500年前から「日本人作業細かい!」と思うはずだ。それは屏風に書いてある絵を見ても明らかで、いくら大きい屏風でも書いてある絵はすごく細かく人の生活風景が描いてある。

 直江兼続だけでなく、上杉景勝にしてもあの兜を見るとすごく重そうだ。想像するに細マッチョな人が戦国時代に戦に行っていたということになる。体力的にも精神的にも相当タフではないと当時の戦はできないなとしみじみ感じた。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/156-066504b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック