FC2ブログ

冷房をつける基準

ここでは、「冷房をつける基準」 に関する記事を紹介しています。
 節約ブログを拝見すると、日中30度オーバーの日でも扇風機と窓を開けて凌いでいる人をよく見かけるが、そこまで節約するのはきついので、これは自分の体感として冷房をつける基準についてまとめたものである。
 まず、自分の家は南北東に窓があるが、住宅が密集しているという事情があり、北と東はプライバシーの問題もありおおっぴろに窓を開けられない。そして、鉄筋のマンションなので、夏は暑く、冬は寒い建物の構造になっている。

 そして、自分のBMIだが、今年の4月に健康診断をしたところ、20.5だった。この基準で自分の体感で冷房つけないときつい温度というものが存在する。それは最高気温が32度以下の場合は、12::00~13:00くらいに扇風機や窓を開けていても暑さに耐えられない状況になる。33度以上の場合は、10:00~11:00の間で暑さに耐えられない状況になってしまう。

 この時間を超えた時に冷房を発動する。電気代の節約という観点では、外出の時間を変えて電気代を節約している。上記の時間は冷房は必要ないので、読書や勉強などを行う。大体土日は12:30頃に昼食を食べて、昼寝(横になる時間含む)を30分程度。昼食を食べ終わる頃に冷房をかけ、身体をクールダウンする。

 一番暑い14:00前後の外出は避け、15:30くらいに外出する。2,3時間プラプラと大きい街に電車で移動して、冷房にあたりながら、自分にとって面白そうな本が無いか探す。そして、夕方の17:00過ぎに帰ってきて冷房を再稼働させるという日常を送っている。これだと、少しは電気代の節約になると思い実践しているが、今年は猛烈に蒸し暑いので、冷房稼働率が上がっており、7月の電気代が跳ね上がっている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/140-10e6e08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック