FC2ブログ

一極集中と分散

ここでは、「一極集中と分散」 に関する記事を紹介しています。
 前回に引き続き「これから学ぶスポーツ心理学」より、あることを集中して練習するのと、派生することを分散して練習するのとどちらが効率的に覚えられるのか、これも勉強に応用できそうなので備忘録として記載する。
 スポーツでもゴルフなどで、あるグラブを規定数練習、その後別のグラブで規定数練習とやるより、違うグラブを無秩序にショット練習するほうが優れたパフォーマンスを得られるとのこと。野球においても送球練習で、一塁、本塁間を同じ送球練習するよりも、色々なところ(本塁、三塁間など)の送球練習をした方がスキーマの一般化を高めることになるという。

 仕事については、自分が行っている仕事のところだけでなく、派生した分野も色々覚えた方が、仕事の幅が出るといったところか。読書についても応用できそうなので、今後活用していこうと思う。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/133-5d083a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック