FC2ブログ

マイクロファイナンス

ここでは、「マイクロファイナンス」 に関する記事を紹介しています。
 「貧困克服への挑戦-構想グラミン日本」という本にマイクロファイナンスについて載っていた。マイクロファイナンスのことは聞いたことはあったが、どういったシステムなのか全くわからなかったので仕組みを知るという点では勉強になった。以下概要を記載する。
 マイクロファイナンスはバングラディシュで創設され、現在は先進国にも展開されている銀行のこと。銀行なので、当然貸付がメインだが、貸出対象が貧困層である点が特殊な点である。では、起業家のように何百万も借りられるかというとそうではない。グラミンアメリカの例で、日本に置き換えると貸付金額の上限は大体パソコンが1台買える程度の金額(10~15万円程度)となっている。

 貸付の目的も事業がメインなので、この金額の貸付だと副業レベルからスタートしてくださいということなのだろう。では担保は取るのかというと、取らない。その代り5人が1チームとなって、その中の何人かを先行して貸付して、週1回程度のミーティングで5人全員が返済の進捗の打ち合わせをするというもの。この5人は全員貧困層となっていて、連帯責任となっているが、保証人ではない。そのため、返済が滞っても他の人が弁済する必要はない。

 順調に返済できれば、次回から残りの人の貸付や、貸付金額の増額などのメリットができる。信用が低い層なので、金利は高め。貧困層同士の信用をベースに貸付を行っているので、週1回のミーティングに欠席者が出たりすると、貸付金額が減額されたりする可能性もある。

 ちなみに、グラミン銀行のシステムは世界中に拡散しており、隣の韓国にもあるようだが、日本にはまだないようだ。システムを導入するには一応、形の上では銀行なので色々手続きが面倒そうだ。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/125-ef17de12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック