FC2ブログ

賃貸から自宅購入のタイミング

ここでは、「賃貸から自宅購入のタイミング」 に関する記事を紹介しています。
 ライフプランを考えるうえで、悩むのが賃貸で一生暮らすのか、どこかのタイミングで自宅購入を考えるのかという点だが、「中古マンション投資の極意」という本を読み直していてシミュレーションを立ててみた。
 まず、マンションを購入する場合、エレベーターが付いていると管理費が高くつく。総戸数が30戸以上ないと、大規模修繕時の費用負担が重いということが挙げられる。ランニングコストを考えた時にエレベーターの無い低層住宅が理想だが、女性は下着泥棒や安全面などを考慮して高層マンションを好む傾向がある。

 続いて、物件価格だが築10年程度まで物件価格は急落する。そして、築15年程度から大規模修繕が発生する。また、マンションの構造が鉄筋コンクリート(RC)か鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)の場合、法定耐用年数は47年とある。これらのことを総合して考えた場合、エレベーターが付く建物は5階以上の建物はほとんどついていると仮定すると、3,4階建てのマンションで築18年~25年程度の物件の3,4階で50代の時に買うか、60代の時はもう少し築年数が古くても(築30年前後)OKとなる。

 この築年数を買う理由としては、自分達の寿命と耐用年数の終了時期とがほぼ一緒になる計算で購入する。そして、買うタイミングは、不景気のどん底、いわゆるリセッションのときに購入するのが最安値でさせる要因となる。この時に現金一括で購入するのが最良の買い物となる。景気の波は7~10年程度で不景気が来るので、そのタイミングで購入すればよいと考えている。ただ、出版年が古いので、最新の情報を常に仕入れつつ、機会を伺おうと考えている。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/122-fc5b46ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック