FC2ブログ

携帯電話の解約料をどのくらいペイできるか検証(2017年5月時点)

ここでは、「携帯電話の解約料をどのくらいペイできるか検証(2017年5月時点)」 に関する記事を紹介しています。
 今年の2月に携帯電話をY!mobileからFREETELに変えた。理由はランニングコストが高いからだ。だが、解約手数料が0になるまで丁度1年あった。それでも、総額で見ると、解約したほうが得と判断して解約に踏み切った。ここで問題になるのは、解約月の2月はY!mobileとFREETELの利用料金が重複して徴収される点だ。これについては、2月分のY!mobileの利用料と解約手数料を含めた料金で、携帯電話を解約したときにペイできるか計算する。
 まず、2017年1月以前12カ月のY!mobileの利用料金の平均を算出すると、4,569円と出た。これに対して、FREETELの数字が出ている3カ月の月額利用料は以下の通り。

・2017年2月・・・1,722円
・2017年3月・・・1,125円
・2017年4月・・・1,017円

 Y!mobileの平均利用月額の3カ月分の合算と上記3カ月分の合算を差し引く。その結果が9,843円と出た。この数字に2月のY!mobileの月額利用料金と解約手数料を合算した値を差し引く。この値は、16,733円でこの数字に上記の9,843円を差し引く。その数字が、6,890円と出た。

 このペースで行くと、あと3カ月で元は取れそうである。しかしながら、それが達成できたら欲を出してFREETELの本体購入費もペイできるかどうか検証してみる。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/106-dc31da2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック