FC2ブログ
心理学と経済についてのブログです。その他雑文も書きます。
■本ブログは社会不安障害に悩む筆者のブログです

■自分のライフプランおよび投資理論を書きますが
 それによって損をしても筆者は一切責任を負いません。
 投資は自己責任でお願いいたします。

 マネーマネジメントとリスクの天秤を測るのに永遠に悩んでいる筆者ですが、タイトルにあるとおり1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術という本を読んで気づいたことを。
[1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術考察]の続きを読む
スポンサーサイト




読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
 ほとんどの人がトランプなどのカードゲームをやったことがあるだろうが、ここでは競馬という賭け事もゲームの一種として考察する。
[遊びの上達の差]の続きを読む
読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
 企業の内部留保を吐き出すという言い方は間違っていないが、日本の企業は資産を有効活用していないというのが正しい意味ということを前編に述べた。当然ながら、シクリカル(景気循環)な会社は景気によってストックを貯めこんでおくという考え方は正しいが、日本の会社はそのストックが過剰なのではというのが、海外投資家の意見ではないだろうか。
[内部留保を吐き出せ論を考察する(後編)]の続きを読む
読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
 ちょっと前に政府が企業に対して、内部留保を吐き出せという話題があったが、これは貸借対照表の利益剰余金を従業員に還元しろというものだが、簿記を勉強していればわかるが、これは貸借対照表の負債純資産の部のことであり正確には利益剰余金は全額キャッシュではない。それは資産の部に配分されているからだ。

 しかし、別の観点で日本の企業は資産を貯めこんでいる。それをどう使おうが会社の勝手だというのは実は正しくない。
[内部留保を吐き出せ論を考察する(前編)]の続きを読む
読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
 DCF法で考えた場合、できる社員は会社からもっと報酬をもらう権利を逸していると書いた。会社側から見れば長期的な視野でコストがかかるから社員は我慢してねという考え方があるかもしれない。これも投資理論を当てはめて考えてみる。
[DCF法で考えた場合の給与(後編)]の続きを読む
読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
 日本ではいまだに年功序列給が主流だが、これをDCF法で考えると、「会社ってぼったくってるよなー」と思うようになるかもしれない。(できる社員の場合)
[DCF法で考えた場合の給与(前編)]の続きを読む
読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
 せこいと言われるかもしれないが、自分が行っている電気代節約方法を記載する。
[細かな電気代節約]の続きを読む
読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
 ここに国債の売買が載っている。2013年の金融緩和以降、国内の機関投資家(都市銀行など)が持ち数を減らして、外国人が買っている。
[国債市場の将来]の続きを読む
読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村