FC2ブログ

アメリカと中国の板挟みにあう日本市場

ここでは、「アメリカと中国の板挟みにあう日本市場」 に関する記事を紹介しています。
 ここのところ相場を見ていると、気づいた点がある。それは、アメリカ相場と中国相場と日本市場の関連性だ。
 アメリカ市場とくにNASDAQと上海総合がそろって上昇するときは、日本株は上昇する。それに対してどちらかが上げて、どちらかが下げると上値は抑えられる。特に今は上海総合市場のチャートが崩れており、これが日本株を抑える要因となっている。

 更に、アメリカ市場と中国市場がそろって下げると、該当国以上に日本株は下落する。つまり、アメリカと中国のご機嫌を取らないと日本株は上がらないことが判明した。この2国はマーケットが大きいから影響力があるのは分かった。今後は、日本の会社もそろそろリスクヘッジでこの2国の輸出の比率を下げて力のありそうな途上国に力を入れた方がいいのではないだろうか。それが株価にも出ている気がする。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/503-afed4c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック