FC2ブログ

独身・無職者のリアルを読んで

ここでは、「独身・無職者のリアルを読んで」 に関する記事を紹介しています。
 先日、非正規雇用について考えるセミナーに参加した。そこで、プレゼンをした関水教授の本を紹介していたので読んでみた。タイトルは、「果てしない孤独-独身・無職者のリアル-」という本だ。
 本に書いてあったが、会社、学校、家庭の3の枠以外のコミュニティを知らないで、この3つに溶け込めない人は孤独者、ひきこもりになってしまうという。セミナーでもパネラーが言っていたが、このようになる人は自分と近い思考を持っている。

 まず最初に、何かの挫折を経験する。それが今の日本では短期的に回復できる環境ではないということが、孤独者が増える理由ではないだろうか。まず、スパルタで人は育つという日本の仕事環境でここを突破できないと高い確率で引きこもりになる。それが精神障害を併発したりする。

 上記の3の枠からはみ出して成功するタイプと失敗するタイプがいる。この3つの枠が窮屈でもっと積極的に自由を取りに行くんだという思いが強い人は、同じ思考を持ちやすい日本の中で大きな利益を得ることができる。しかし、失敗するタイプは世論から徹底的に叩かれ、自己肯定感を喪失し、人が信じられなくなり、自己否定に陥る。

 自分は後者のタイプだったし、上記3つ以外の世界を知らなかった時は自殺未遂をしたこともある。これら3つの枠以外の人と付き合いだして少し精神的な余裕が出てきたが、自分の理想とする考えと相いれないため元に戻りつつある。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/476-f3fd7a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック