FC2ブログ

実家の仕送りを考える

ここでは、「実家の仕送りを考える」 に関する記事を紹介しています。
 父が介護施設に入所したことで、実家は貧困になってしまった。そこで、比較的経済的余裕がある自分が仕送りをたまにしている。そこで、何を仕送りするのがいいのか考えてみる。
 貧困家庭だとふるさと納税の返礼品を受け取れないという問題がある。貧困はこのようなところでも機会を逃す。では自分は何を上げるのがコスト的にも実家側でも満足の高いものが得られるのか?これは自分の考え方だが、毎日使うものを仕送りしたほうが一番コストパフォーマンスがいいのではないかという結論に達した。

 では毎日使うものは何があるのか考えると、以下のようなものがある。

・米
・台所用洗剤
・洗濯用洗剤
・歯磨き粉
・石鹸
・シャンプー

 この中で、歯磨き粉はチューブ1本で1カ月は持つので除外、石鹸やシャンプーはやり方次第で使う期間を延ばすことができるので、こちらも除外。と考えると上記の中で米、台所用洗剤、洗濯用洗剤の3つを仕送りしたほうが良いのではないかと思っている。

 この中で消費が激しいのは米と洗濯用洗剤なので、洗濯用洗剤を3カ月分送った。米も過去に送ったことがあるが、今自宅で玄米の割合を増やそうと考えているので、米も玄米にするか考えている。洗濯用洗剤は3カ月で6,000円程度なので以前現金を10,000円渡していた時より低コストで生活補助をしてあげられることが判明している。

 米についても同様で、3,000円程度で1人なら1カ月持つ(5kgの場合を想定)こちらもコストパフォーマンスが高いので送っている。こういったやり方は、昔の政治のやりとりの歴史から学んだ。歴史からは色々学ぶところが多いことがわかった。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/474-ddc51abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック