寿命までの逃げ切り対政策改悪

ここでは、「寿命までの逃げ切り対政策改悪」 に関する記事を紹介しています。
 「介護破産-働きながら介護を続ける方法」を読んでいると、母の思惑どおりに行く可能性は低いと自分は考えている。では母の思惑とは何なのか。
 それは、今の生活を維持したまま死亡するというもの。しかし、この本を読んでいると政策変更が頻繁に行われており、保守的な母の思惑通りに行くかというと自分はそのようにいくとは思わないと考えている。年金政策と介護政策は政府が一番削りたがっているところなので、政策に応じてこちらも手を変えていかないと破産することは目に見えている。

 結果、そのしわ寄せを無意識にこちらにしているのが明白となっている。お金がないので、同情心もあるが打てる手は徹底的に打てよという自分の考え方とこのあたりが相いれない。自分の予防もしてほしいと思って東洋医学の本を貸したが中々実行しない。こういったリスクを自分の中で分析しなければならないのが今の課題となっている。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/465-bee1c2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック