痩せると気温に対する耐性がつくようだ

ここでは、「痩せると気温に対する耐性がつくようだ」 に関する記事を紹介しています。
 最近、健康方法を研究して1日1食で生活している芸能人がいるとの情報を見た。自分は1日3食を食べているが、体重の減りが止まらない。1日1食の人は自分と同じ状況にならないのか、そこが気になった。
 体重は60キロ切りそうなのだが、晴れの日は隣駅から歩いて帰るようにしている。昔体重が70キロ台だったころは、6月の暑い日などは歩いて帰ると汗をダラダラかいていた。それが今では最高気温が28度くらいならほとんど汗をかかずに隣駅から自宅に帰ることができる。

 しかし、先日最高気温が30度の日があったが、さすがにその日はちょっと歩いただけでうっすらと汗をかいていた。こうなると去年体重65キロくらいのときは最高気温32度までなら午前中は扇風機でしのげたが、もしかしたら午後も一番暑い14時~16時を除けば扇風機でしのげるかもしれない。

 日本の気候は夏は湿度が高く、冬は乾燥するので実気温より暑かったり、寒かったりする。更に1日に10度気温が動くことなどざらな環境で良く病気にならずに日常過ごしていられるなと自分で感心する。冬も寒い日は散歩しやすい気温なのでよく歩く。長時間歩くと温かくなるのであまり厚着はしない。

 本で読んだが、下半身を温めれば健康には良いとされるようなので、雨でも降らなければできる限りのことはしている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/453-4e9d83dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック