そういえば人間関係でうまくいった経験が少ない

ここでは、「そういえば人間関係でうまくいった経験が少ない」 に関する記事を紹介しています。
 過去を振り返ると、自分は人間関係でうまくいった経験が少ない。理由は付き合う人のタイプがほとんど決まっているからではないかと思っている。
 それはどういったタイプかというと、家父長型つまり俺が一番偉いんだお前らは俺の言うことに従っていればいいんだというタイプ。言葉尻を捉えて常にネガティブな要素の揚げ足取りをするタイプ。会話していておおらかな会話というものをしたことがない。いわゆる緩さのある会話をしたことがない。初めにこのようなタイプとしか遭遇していなかったせいもあり、人間不信になってしまった。

 そのせいか、あらゆる人に対して借りを作ると、3倍にして返せといいそうなので恐ろしいほど謙虚になった。自分は貸しを作っても何もいらないから借りを作って3倍返しにしろとかいうなと思うようになった。どんなに丁寧に対応しても、言葉尻を捉えて失言一つで怒声10倍に返すタイプも多かったためやや緘黙症にもなっている。妻の友人はそんな人とは付き合わなければいいというが、恐ろしすぎて軽い人間恐怖症になっている。心の中では妻の友人のような方はいるとはわかっていても自動思考に陥ってしまっている。

 どうも、徹底的に同じことをやられると一歩を踏み出すことがとてつもなく敷居が高くなってしまうようだ。もう少し緩い会に集まりたいし、仕事もしたいと思っているが、それをするには日々の勉強をしてある知的レベルまで行かないと無理なのかもしれない。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/452-1d1b4697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック