日本人はバレなきゃ法律なんてないようなものと思っていないか?

ここでは、「日本人はバレなきゃ法律なんてないようなものと思っていないか?」 に関する記事を紹介しています。
 最近の日本の巨大組織の不正を見ていると、親告罪のようなものは脅迫すればOKという風潮になっていないか?
 山本七平は日本人は公共心というものが欠如していると述べている。色々ニュースを見ていると、組織としてバレなきゃ犯罪にならないという思いが強いように見える。この日本人という組織を見た時、どういった教育でそうなるのか、一方的に教えつける、上の命令は絶対だという教育を長年やっていくと公共心というのは薄れてしまうものなのだろうか。

 社会心理学を勉強していると、組織というのは世の中の圧倒手多数の人が同じような教育をした時に、その意識が一つにまとまるように見える。そのため、上記のような教育によって公共心が薄れてしまうというのはあながち嘘でもないのだろう。そう考えると、国家という巨大な意思は大多数の人間の教育環境の結果、組織の意志が決まりそれが国家間で喧嘩をするとき思想の優劣が決まってしまうのだろう。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/449-3d0d5677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック