話せない人から心理を察するのは難しい

ここでは、「話せない人から心理を察するのは難しい」 に関する記事を紹介しています。
 今日は、母の誕生日だったのでお祝いにケーキ専門店に行ってケーキをごちそうした。実家で父の容態を聞いた。
 リハビリは始まっており、引き続き簡単な質問を回答するというものをやっていたようだ。話を聞くと自分の名前がわからないし、家族の名前もわからないと言っていた。そこで、帰りに病院に面会に行って事の次第を確認した。

 父の名を聞いてみたところ、声はかすれていたが自分の名前を言っていた。自分の名前も聞いてみたがそちらは発音はできないものの、自分の名前の文字数を言っていたので、言葉にはならなくとも認識はしているように見えた。次に近場の旅行のパンフレットと四国の旅行のパンフレットを持っていき、どちらに行きたいか聞いてみた。

 すると、入院前に行きたがっていた四国ではなく、近場のほうを指さした。もう、自分がどんな状況かのみこめているのか遠くには行けない。ならば近場でいいやと思っているのかもしれない。この辺の心理面を聞き出すのは電子機器が持ち込み不可かつ面会時間が15分では状況を整理するのが難しい。

 言語障害がある場合、テキストをこちらで入力して「Yes」or「No」をタッチパネルで操作できるようなアプリを開発すればもっと心理面でのやり取りはやりやすくなるのではないかとちらっと考えたりもした。だが、四国にも未練はあるようで、寝台列車を指さしていた。

 ついでに、先日行った鉄道博物館のパンフレットを持って行ったが、そちらはあまり興味がないらしく、特に行きたくもなさそうだった。やはり15分の面会時間ではやることが限られているため、何ができて何ができないのか判断するのが難しい。だが、自分が直接見たり話したりしているうちでは認知症の症状は表れていない。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/437-f2c6a585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック