FC2ブログ

会社の要求と個人の能力の伸びしろ

ここでは、「会社の要求と個人の能力の伸びしろ」 に関する記事を紹介しています。
 「確率思考の戦略論」にマーケティングの予測値と実績値の誤差について書いてあった。これは、会社の予算目標と個人の能力の伸びしろにも言えることなので記載する。
 「確率思考の戦略論」によると、予測値と実績値の関係は予測値が実績値より少しだけ少な目がベストと述べている。これが逆だとどうなるかというと、上から色々理由を聞かれるなど社内向きの仕事がとても増えるからだという。このコストが結構バカにならない。

 上場企業などで良くありそうなのが、利益は直線で予算を組むが、個人の能力は直線とはならず、難易度が上がれば能力の伸びしろは少なくなる。この乖離が場合によっては粉飾になったり、粉飾にならない場合でも上記のような社内向きの仕事が増えて残業漬けになってしまう。

 上場企業の社長などはこれを認識している人は少ないのではないだろうか。トップが上記のような認識で予算を組むような会社はブラック企業である可能性がある。人間の能力開発において日本はまだまだ後進国なのではないだろうか。社会心理学や心理学、行動経済学、経済学など満遍なく勉強している人はとても少ないような気がする。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/410-0340c4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック