FC2ブログ

自分の考える安定と世論の安定

ここでは、「自分の考える安定と世論の安定」 に関する記事を紹介しています。
 昨日、妻の友達と夕食会に出かけて、とある方が占いをやっているというので手相を見てもらった。その中で、自分が思っている安定と世論の安定の違いについて考えさせられるところがあった。
 占いでは自分は安定を望んでいると言われたが、実際そのとおりで波の浮き沈みの激しすぎる日本という環境は割に合わないことを常々考えていた。そして、自分の母が超安定志向で、昔はやれ公務員試験受けろだ、大企業は安定しているだなどと言っている。

 しかし、公務員試験を実際に受けたが、そこでやりたいことが見つからない。動機がないのに無理に受けても結局時間の無駄だった。大企業に至っては、社会心理学で学んだとおり、規模が大きくなればなるほど日本人の特色が強く出て例外がなくなる。つまり大相撲のような組織が出来上がる。そのような組織で安定だと言われて仕事をした結果が抑うつだ。

 だから、世論の安定は自分にとってとても不安定な場所でしかない。今の仕事ですらそう思っている。事務という仕事柄、改善というものがなくなってきた。なくなってきたということは成長曲線は平行線を示す。しかし、資本主義は平行線以下は賃金が下方修正するので全然安定ではない。

 そう考えると、自分のやりたいことでお金が稼げるように生活を徐々にシフトするのが、自分にとっての安定となる。それがとてつもないリスクを負うにせよだ。このリスクは世間体から外れることを意味する。早い段階で世間体から離れてもあいつらの言うことはタダの戯言に過ぎないと認識できるような確信が持てれば今頃独立していたかもしれないが、そこは不安障害を若干抱えているため慎重に事を運ばざるを得ない。

 ただ、日本のどの会社にいても、悪習である集団で何かをさせる強制イベント(飲み会などはその典型)があるし、もうそれが非常に耐えられないので早いうちに手を打つよう下準備を整えている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/393-85e6583b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック