FC2ブログ

空腹と集中力

ここでは、「空腹と集中力」 に関する記事を紹介しています。
 「病気を治す食べ方、食べ物」を読んで、空腹は頭脳が冴えると記載してあったので実践している。自宅で朝食、夕食は恐らく人より少な目、昼食はかなり少な目に取っている。
 このように腹六~八分で食事をすると、集中力が高められる。軽い飢餓によって神経が研ぎ澄まされるからだ。これにスケジューリング技術を取り入れることである程度まで仕事ができるようになる。空腹の状態を作る機会を増やすということは、食費はそれほどかからないことを意味する。

 コミュ力というものが圧倒的にない自分が人並み以上に仕事ができるようになるには、自分の中で可能な限り能力を高められるものは高めて仕事をするしかない。その結果、長時間労働は出来ず、家に帰って寝る時間は普通の人よりはるかに早く寝る。睡眠時間は7時間30分程度取らないと眠気が取れない。

 「病気を治す食べ方、食べ物」は日本人向けの本なので取り入れている。歴史でも昔日本人は朝8時と夕方4時の2回食事だったという。食べ物も昔からあるものを食べるので、それほど難しいことは取り入れていない。他にも空腹の状態を保持することはメリットが色々あるようなのでそれを日常にしている。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/388-ecd280da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック