長寿大国って本当にこのまま30~50年後も続くと思うか?

ここでは、「長寿大国って本当にこのまま30~50年後も続くと思うか?」 に関する記事を紹介しています。
 現在の日本の平均寿命は男女とも80歳を超えている。しかし、その状態が30年~50年後も続くのか自分は疑問に思っている。
 経済学者の意見では、現在の日本は未来に膨大な借金をして今の状態をキープしている。だから、今の現役世代が定年後(そもそもそんなものはなくなるだろう)に精神的に豊かになれるかというとそうは思わない。いまだにブラック企業は存在するし、パワハラなどはニュースになっても日本人に止めさせることは出来ない。それは企業規模が大きくなるほど顕著だ。

 精神的なストレスが過剰にかかっている生活で多くの人は長生きなどできるはずがないと思っている。だから、今の現役世代は年金の心配はしなくていい。なぜならもらう年齢になったとき大半の人は死んでいるからだ。それが年金システムの最終的に行きつくところだと思っている。

 この心配に対する方法としては、1日、1カ月、1年の生活プランを練って毎日自分がやりたいことをやって生活費を稼ぐのがスタンダードになるだろう。このやりたいことをやるというのは、自分の頭で自分の心の限界と能力の限界を知り、その上で自分にとって不快の少ない生活プランを立てるということだ。この自分の心の限界と能力の限界を自分の中で決めるというのは殆どの人はできていない。

 だから、政治が何とかしてくれると思ってポピュリズムが起こるのだろう。上記のことを知ったうえで生活することは所得が高いということを意味しない。所得が限りなく低くても満足のいく生活というものはできるようだ。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/385-da1e1ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック