民間ではタブーで政治の世界ではOKなのはなぜなのか?

ここでは、「民間ではタブーで政治の世界ではOKなのはなぜなのか?」 に関する記事を紹介しています。
 以前、勧善懲悪は社会で受け入れやすいことを述べた。詳しくは以下参照。

善懲悪は社会で受け入れられやすい
 昔、企業がこれをやろうとしたことがある。某炭酸飲料のCMでMCハマーだったと思うが、他社の炭酸飲料飲むとブルーになり、自社の炭酸飲料を飲むと元気が出るという趣旨のCMだったが、これが競争上問題になり放送されなくなったという経緯がある。

 しかし、政治の世界はこういったことは日常茶飯事で国会の中継を見ていると分かるだろう。あいつらはとんでもなく悪い奴だ、それを叩いている俺たちは正義の味方だといったやり取りが国会でよく見られるのはテレビを見ればわかるだろう。何故民間でタブーと法律や倫理で定めているのに、政治の世界はお構いなしなのか。もし、政治の世界でそれがタブーになったら国会の運営はスムーズにいくのか。

 また、こういったことに疑問を感じない大学教授や民間の調査機関はいないのか。調べれば調べるほど世の中の不思議な点が色々見えてくる。こういったことは、まだまだ見つかりそうなので個人的な疑問として書いていこうと思う。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/378-dc9bbcc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック