介護というものをするかもしれない

ここでは、「介護というものをするかもしれない」 に関する記事を紹介しています。
 先日、父が脳梗塞で病院に運ばれた。手術の結果がどうなったか近々聞く予定だが、もう元に戻ることはないだろうと聞いている。
 つまり寝たきりの状態を覚悟しなければならないということだが、面会に行ったときにこちらの話に耳を傾けて話を聞き入っていたし、首も左側にしか回らない状態だが、父が楽しそうな話をすると、言葉にならない声を発していた。こういう行動を見ていると、引退後の能天気さは変わらないように見える。

 妻とも話したが、最善の方法を常に考えるということで、当初は安楽死も頭の中をよぎったが介護という選択肢も出てきた。ただ、実家は貧困なのでその辺のサポートをどうするかなど考えることが山積みだ。また、手術の結果を医師から直接聞いていないので、良くて今の状況をキープなのか、どうなのかがわかっていない。

 極論を母から聞かされて、目の前が真っ暗になったが、色々家族と時間をかけてこういった問題を解決していこうと考えている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/372-1ba30ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック