今の仕事と昔の仕事

ここでは、「今の仕事と昔の仕事」 に関する記事を紹介しています。
 今の仕事は人間関係が比較的良好だが、IT業界時代は非常に人間関係が険悪だった。それは就いている仕事の業種だけの問題ではない気がする。
 今の仕事は昔と違って、自分が10年以上独自で勉強してきた結果がじわりじわりと出てきているのもあるが、相互の認識のずれというものをお互いがドンマイの精神で仕事をしているのが大きいと思っている。パワハラを受けた経験から、会話には慎重に慎重を重ねてミスをしないように細心の注意を払っているが、話を受けて自分はこう解釈したというのと、相手が自分はこう思っていたが、実際は違ったことをしていたという認識のずれは中々取れない。

 こうしたときに、認識のずれを解消するために、相手にも結果に対して確認をよろしくお願いしますと依頼している。これが昔の職場なら、認識のずれを起こしたのは年功序列の低いやつが絶対悪い。基本的に会話での解釈の違いはそれを読み取れなかった年下が悪いのだという人がほとんどだった。この時に日本人というのは自分より格下には絶対に頭を下げたり、上司から歩み寄ることはないのだなと認識していた。恐らく、時価総額が大きい日本の上場企業のほとんどがそんな感じなのだろう。

 その年下が圧倒的な能力差で上司より質の高い仕事をした時、本人はどう考えるのだろうか。これについては、「ゆとりの法則」に載っているがこのとおりのことが起こり得るのだろう。そうなると、会社を離れるのが正解となる。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/363-0735ca80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック