FC2ブログ

就活生の不安をあおる商法

ここでは、「就活生の不安をあおる商法」 に関する記事を紹介しています。
 2月12日の日経新聞朝刊に「就活生の不安あおる商法、契約取り消し可能に」とあった。心理学を勉強し、契約のさじ加減を勉強する上で面白いので記事にしてみる。
 内容としては、タイトルの通りで、若者の将来への不安をあおり、高額なセミナーに勧誘・契約させることを不当とし、契約を取り消せるようにする、というもの。具体的には、社会生活の経験が乏しく、願望の実現に過大な不安を抱いている消費者に対し、事業者がそれらを知りながら「契約が願望の実現に必要だ」と勧誘して結んだ契約は取り消すことができるようにする、とのこと。

 これは新聞記事だが、そもそも新聞などのマスコミが年金不安をあおる記事を書いたりして若者の将来への不安をあおらせた張本人でありながら、そこに群がる商法は許さんと報道するのに違和感を覚える。次に、「事業者が若者が将来に過大な不安を抱いているということを知っている」ということはこの記事を出した時点で、「知っていた」と見なされるのか、白を切れば許されるということなのかあいまいである。

 更に、不安をあおり高額なセミナーとあるが、どの基準が高額なのか、新社会人の引っ越しのタイミングで引っ越し業者が値段を引き上げるのと何が異なるのか、そもそも情報の非対称性で利益を上げる商売などたくさんあるが、この辺が明確に見えないと、多くの人が商売に及び腰になって経済発展の妨げにならないのか。など、表現があいまいすぎてわからないことだらけだった。

 ネットで見たが、商売というのは本当に儲けたいならグレーなら勝負に出るということをやるのだそうだ。別に悪徳業者を擁護しているわけではなく、取り締まりの基準があいまいだと常に取り締まる方が恣意的に業者を排除できる、それを暗黙で了解するということがフェアじゃないと思ったわけだ。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/327-54d12499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック